×

CATEGORY

HOME»  STYLE

STYLE

alain mikli

alain mikli
アランミクリ
フランス

1978年創立のアイウェアブランド「見るための、そして見られるための眼鏡」をコンセプトに長所を引き立て個性を引き出すデザインは唯一無二。(NOSヴィンテージ)

American Optical

American Optical
アメリカンオプティカル
アメリカ

1833年創立の世界最古の眼鏡メーカー。パイロットグラスはアメリカ軍に官支給されていることでも有名。(NOSヴィンテージ)

ANGLO AMERICAN

ANGLO AMERICAN
アングロアメリカン
イギリス

一世紀前から同じ形の眼鏡を作り続けているブランド。映画「イージーライダー」でも使用されたことでも有名。(NOSヴィンテージ)

Bausch & Lomb

Bausch & Lomb

1863年創立、今やコンタクトレンズで有名なブランドだが、元々はRay-Banサングラスを生み出した眼鏡ブランド。(NOSヴィンテージ)

B&L Ray-Ban

B&L Ray-Ban
ボシュロムレイバン
アメリカ

ボシュロム社製のRay-Banフレーム。武骨さのある味わい深いフレームデザイン。(NOSヴィンテージ)

BJ CLASSIC COLLECTION

BJ CLASSIC COLLECTION
BJクラシックコレクション
日本

古き良きアメリカンクラシックフレームをベースにデザイン。ヴィンテージライクなデザインとはうらはらに日本人の骨格にフィットするよう設計されている。

DIFFUSER

DIFFUSER
ディフューザー
日本

グラスコードやメガネケースなど眼鏡周りのアクセサリー類を中心に展開するブランド。拘り抜いた素材、日本の職人によるハンドクラフト、しっかりとした背景のあるプロダクトが魅力。

EFFECTOR

EFFECTOR
エフェクター
日本

音に効果を与える音楽機材エフェクターがブランド名の由来。基本ラインのモデル名には音の名前が付けられており遊び心があるが、職人によるハンドメイドで作られている為コアな眼鏡ファンからの評価も高い。

effector

effector
エフェクター
日本

骨太でインパクトの強いデザインが特徴のEFFECTORだがそのバックイメージをそのままにビジネスシーンなどでも掛けやすいようによりシンプルに、よりさり気なくお洒落が楽しめるように作られたブランドそれがeffectorである。

GIANNI VERSACE

GIANNI VERSACE
ジャンニ=ヴェルサーチ
イタリア

古典的な物を非常にモダンな解釈で提案し官能的な世界観で表現するブランド。フレームにもどこか官能的な雰囲気が漂う。(NOSヴィンテージ)

G4

G4
ジーフォー
日本

「G4」とは4つの「G」=「Good Design」「Good Qiolity」「Good Price」「Good Feeling」の略。個人の顔のかたちにフィットする設計、尚且つトレンドを押さえつつシンプルで機能的、クラシカルで先鋭的なデザインを展開。

Jean Paul GAULTIER

Jean Paul GAULTIER
ジャンポールゴルチェ
フランス

80年代に下着ルックやボンデージ・ファッションなどを発表して話題になったアパレル同様、ゴルチェならではの世界観が前回の初期モデル。(NOSヴィンテージ)

KIO YAMATO

KIO YAMATO
キオヤマト
日本

ブランド名の「KIO」には「純粋さ」「清らかさ」といった日本人ならではの心の機微をデザインに生かすという思いが、「YAMATO」には鉄器類等の高度な文明を持ち、著しい技術革新を成し遂げた「大和王朝」への思いが、それぞれ込められている。

K's com

K's com
ケイズコム
日本

オプティークデザイナーの及川寛治氏が満を持して2001年に発表したブランド。気負いしない美意識、彼のデザインした眼鏡からはやすらぎを感じる。

KURA

KURA
クラ
日本

次のスタンダードを創造するブランドとして誕生。品質本位でいつの時代にも残りうるものを目指す。そこから時代の証人として現代にも存在する「蔵」を冠とした。(NOSヴィンテージ)

l.a.Eyeworks

l.a.Eyeworks
アイワークス
アメリカ

「メガネは顔に描くアート」を基本に自由な発想から生まれるポップアートの様なメガネ。アメリカ、ロサンジェルスのメルローズアベニューより発信。(NOSヴィンテージ)

Lunor

Lunor
ルノア
ドイツ

デザイナー兼社長のゲルノット=リンドナー氏はアンティークメガネの収集家でもあり、日本をはじめ世界各国の眼鏡(めがね)の博物館が設立するにあたってリンドナー氏の私蔵コレクションからかなりの数のアンティークメガネを買い付けたことでも有名。

MIKLI par MIKLI

MIKLI par MIKLI
ミクリパーミクリ
フランス

alain mikliのセカンドライン。ファーストのalain mikliよりもアクの強い遊びがき現在はm/m(エムパーエム)に改名。MIKLI par MIKLIネームはとても希少。(NOSヴィンテージ)

NATIVE SONS

NATIVE SONS
ネイティブサンズ
日本

元 DITA ジャパンの Tommy OGara 氏とNEIGHBOR HOOD (ネイバーフッド)の滝沢伸介氏がディレクションしているブランド。バイクカスタムをデザインソースに置くコアなデザインが特徴。

NICOLE

NICOLE
ニコル
日本

1967年創立。アパレルブランドとして一時代を築き上げたブランド。石山眼鏡が生産をしていた為、とても精巧に作られている。(NOSヴィンテージ)

OAKLEY

OAKLEY
オークリー
アメリカ

1975年設立のスポーツ&ライフスタイルブランド。著名なスポーツ選手の使用例も多い。

OLIVER PEOPLES

OLIVER PEOPLES
オリバーピープルズ
アメリカ

ヴィンテージの持つ繊細さとバランスの良さを現代の技術で蘇らせ、古き良き時代と現代の融合がコンセプト。決して主張しない、さりげない(奇をてらわない)デザインで使い込むほどになじむスタイルを表現している。(NOSヴィンテージ)

Opt Galle

Opt Galle
オプトガレ
日本

日本のメガネ職人が一つ一つ手作業で作成している。今では生産されていないデッドストックシリーズ。(NOSヴィンテージ)

POTATO MEGANE

POTATO MEGANE
ポテトめガネ
日本

ポテトめガネのオリジナルフレーム。沢山の眼鏡を見てきた眼鏡のプロ達が本当に良いと思うものだけを作っている。様々なテイストや拘りを盛り込んだボーダレスデザイン。

RIDOL

RIDOL
リドル
日本

「ハード&クール」をキーワードに常に先を見据えているパイオニア的存在の人々に向けたブランド。(機能美=デザイン)日本人の為のドメスティックブランド。

RODEN STOCK

RODEN STOCK
ローデンストック
ドイツ

1877年年創立「装着感」「見た目」双方ににこだわりを持ちパーフェクトなまでにムダを省いたデザインで多くのファンを魅了する。(NOSヴィンテージ)

ROUND CROSS SQUARE

ROUND CROSS SQUARE
ラウンドクロススクエアー
日本

1990年に国内デビュー、独創的なデザインで世に名を知らしめた。しかしデザイナーが謎の失踪、その後もブランドは存続したがデザインが別物になり次第に世から忘れ去られた。弊社ストックはファーストシーズンコレクション。(NOSヴィンテージ)

SELIMA OPTIQUE

SELIMA OPTIQUE
セリマオプティーク
アメリカ

70年代風のスタイルにソーホー感覚のカラフルな色が躍る存在感のあるフレーム。一見キュートなデザインにはどこかセクシーさが漂う。(NOSヴィンテージ)

Silhouette

Silhouette
シルエット
オーストリア

1964年創立。ブランド創立以来視力を補うためだけではなく見た目にも美しいアクセサリーとしての眼鏡を追及し続けている。(NOSヴィンテージ)

theo

theo
テオ
ベルギー

1987年、パトリック=フート氏が「メガネは芸術作品だ!」をコンセプトに発足。常にユーザーの感性を試すかのような挑発的なデザインのフレームを繰り出す。

Zparts

Zparts
ズィーパーツ
日本

あくまでもチタンに拘るメーカー小田幸が手掛けるブランド。日本に1台しかない650tの高圧プレス機を使い、1本のチタニウムの棒からプレス成型しているモデルが有名。デザイン、掛け心地共に最高のブランド。

Zparts    Zparts    Zparts

Zparts    Zparts    Zparts