×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  レンズ»  About the difference between good lens and bad lens

About the difference between good lens and bad lens

About the difference between good lens and bad lens

良いレンズ,悪いレンズ,メガネ

「良いレンズ」と「悪いレンズ」の3つの違い



メガネ店やレンズによって価格は様々。

一体、どの価格が適正なの?と思われる方も多いのではないでしょうか。

最初に言ってしまうと、「高いレンズ」と「安いレンズ」は別物と思って頂いた方が良いです。100円ショップのお財布お財布と高級レザーのお財布の違いと思って頂くとわかりやすいです。

一般的には量販店やスリープライスのメガネ店は価格なのでいかにコストや下代を下げるかが勝負です。そこで「安いレンズ」を取り扱うことがセオリーになってきます。一方、個人店や高級眼鏡店では品質を重視した「良いレンズ」を使用し、眼鏡士としての光学的視点から「良いレンズ」を取り扱うことがセオリーになっています。

ただし、個人店とは言え安いレンズを取り扱っている眼鏡店もあります。ポテトめガネもそうです。お客様のニーズやご予算に合わせてご提案するレンズをかえています。実際、そう言った個人店が全国的にも多いと思います。


そこで、気になる「良いレンズ」と「悪いレンズ」の違いを3つにまとめてみました。
 

1. 透明度 2. 耐久性 3. 見え方





 

1. 透明度

透明度の違いですが、もちろん「良いレンズ」の方が透明度は高いです。そもそも素材自体が違っており、透明度も違ってきます。「安価なレンズ」は元の素材自体が黄ばんでいるためブルーイングという加工を行い一見透明にします。「良いレンズ」もブルーイング加工を行いますが元の黄ばみが全然違います。なので「安いレンズ」は黄変が早く透明度も低くなります。


 

2. 耐久性

次に耐久性ですが、こちらも当然の事ながら「良いレンズ」に軍配が上がります。ここでは素材の他にコーティングも重要になってきます。「良いレンズ」には汚れ防止や傷防止といったコーティングがされており、更には熱や静電気にも強いものもあります。傷や熱に強いことで経年変化も起こりにくく、耐久性が上がります。


 

3. 見え方

「透明度」「耐久性(傷や熱変形に強い)」の2点を踏まえて考えると、「良いレンズ」の方が見え方は断然よくなります。経年や熱による変形が起きてしまうと度が正常でなくなってしまうので目にとってとても良くない状態になってしまいます。他店でご購入されたメガネで、フレームのカーブに対してレンズのカーブがキツく、レンズが飛び出してしまっている状態のものを良く見かけます。これはフレームカーブとレンズカーブがあっていないことが主な原因で、更にはプラスティックフレームの場合、フレームに対してレンズがぎゅうぎゅうのサイズで入っているとフレームの経年収縮(プラスティックの水分が抜け縮みが起きる。細いフレームが縮みやすい)にレンズがついていけなくなって、フレームから飛び出してしまう現象が起きてしまいます。



最後はレンズだけの問題ではありませんが、実際こういったことをわからずに営業しているメガネ店は多く、むしろ分かっていてもコスト削減スピード重視でそこまでしない所も多いと思います。耐久性落ちたほうが再購入のタイミングが早くなるかもしれないですし。

本来メガネ店は「半医半商」商売っ気が勝ちずぎると良くないことでも当たり前になってしまうんですね。

ポテトめガネはファッションだけでなく、光学的にも技術的にもマニアックなのでご安心ください。






 

2019-10-24 11:48:04

レンズ