×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  レンズ»  What is Uchida blue?

What is Uchida blue?

What is Uchida blue?

ジョニーデップ,メガネ,ブルー,ピンク
 

内田ブルーってなに?


 

そもそも内田ブルーとは​

三城ホールディングス元社長の内田氏が考案したブルーカラーで、レンズにそのブルーカラーを入れると寄り目にするのを助けてくれるという効果が得られます。

この内田ブルーと言うのは一般的なブルーカラーとは少し違った特殊なブルーカラーではあるのですが、一般的なブルーカラーでもそういった効果が得られると言わているのです。

 

寄り目にする必要性

ポテトでも色々と実験をしてみたところ、近見が苦手な人に分かりやすい変化が出ました。近くを見る時はみんな自然と寄り目になりますからね。老眼ではないのに、近くを見るのが苦手な人は寄り目が苦手な人が多いと言われています。(読書が苦手な方など)

実験結果としておおよその平均目安としては濃度25%のブルーを入れた場合、色を入れていない通常時と比較して約10cm程度て近づけて見えるようになりました。(例:通常30cm→ブルー20cm)同様に10%の濃度だと5cm程度で近づけて見えるようになったという結果が出ました。但し、個人差があるのであくまでも平均です。

 

熊本大学医学部眼科学教室の「内田ブルーカラーレンズによる間歇性外斜視の装用効果」というレポートによると、疲れ目で外斜視(どちらかの目の位置がに外れてしまい、視線が片方だけずれてしまうこと)が出た時に助けてくれる程度の効果という結果が出ているので、あくまでもサポートしてくれるといった程度くらいに思って頂いた方が良いです。実際、ブルーカラーを入れたら何となく楽に感じるという方はポテトのお客様に多いです。というのも間歇性外斜視は、日本人では最も多くみられる斜視なので、それを考えると納得がいきます。勿論、逆の内斜視または内斜位がある方には逆効果になるので視力検査時に瞳孔の動きを見るなどの確認が必要になります。正直、そこまでやっている眼鏡店は日本に数える程度しかないと思います。
 

快適な視野を得るには度数だけではなく、カラーや他にも様々なアプローチがあります。他店で作られて、何だか見えかたがいまひとつしっくりこないという方もお気軽にご相談ください。

 

他のお店で作ったメガネを調整してもらうとか、度数が適正か確認してもらう事をタブーだと思われている方が多いですが、実際メガネ店からしてみれば全く気にしていないお店が多いと思います。むしろ、そこは腕の見せ所なので「この人から買いたい。」と思って頂けるように有料無料問わず最大限の努力をします。


 

あなたが思っているほど図々しいことではないので、ご安心してご相談ください。



 


 

抄録

間歇性外斜視における内田ブルーカラーレンズの装用効果をみるために、装用前後の斜視角、病態の変化、立体視、片眼つぶりや羞明について比較検討を行なった。対象は手術既往のない間歇性外斜視19例、間歇性外斜視術後残余斜視23例。

斜視角は間歇性外斜視では近見58.0%、遠見73.7%、術後残余斜視では近見47.8%、遠見21.8%に減少傾向を示した。病態は斜位斜視が正位または斜位に移行しやすかった。立体視は間歇性外斜視の近見にて改善効果が高かった。片眼つぶりや羞明は間歇性外斜視は全症例で、術後残余斜視は50%に改善がみられた。内田ブルーカラーレンズは間歇性外斜視の治療に有用であると考える。


 



 

2019-10-28 09:54:41

レンズ